在校生・卒業生紹介

在校生からのメッセージ

大林 沙織

8期生 昼間部 2年生大林 沙織さん

voice

エステティシャンとして働いていますが、お客様の不調や痛みの相談を受けた時に、エステだけでは改善が難しいと感じていました。
そんな時、同僚の鍼灸師の治療の効果に感動し、鍼灸治療で婦人科疾患の方の悩みを少しでも改善できるのではないかと思うようになりました。
本校は少人数制で細かい指導が受けられ、短時間で集中的に学べるのが魅力です。
鍼灸は古くからある伝統的な技術。そうした技術を現代に発展させた美容鍼灸。それを授業内で学べることが本校を選んだ決め手です。
肌のハリやリフトアップなどはもちろんですが、はり施術を行うことによるバストアップ効果など、美容鍼灸の可能性をいろいろと試していきたいです。
鍼灸師の資格取得後は、不妊治療や婦人科疾患に悩む方や、働く女性の力になりたいと考えています。

石井 希代子

8期生 夜間部 2年生石井 希代子さん

voice

前職が不規則な生活だったため、健康のため運動したり整体を受けたりしましたが、一時的な効果しか感じられませんでした。もっと自分の体と向き合えるものをと探した時に鍼灸の「自然治癒力」という言葉と東洋医学の考え方に共感を覚えました。
本校を選んだのは、説明会の際に在校生が活き活きと学校生活を話してくれたのが決め手になりました。昼間は事務の仕事をしているため、夜間部を選びました。両立するためにも空いた時間を有効活用するように心がけています。
入学してみて、疑問や質問に親身に対応してくださる先生が多く、生徒との距離が近いため相談しやすく、この学校を選んでよかったと思っています。
熱心な先生が多く、少人数制なので実技もしっかり教えてもらえます。授業でわからなかったことは授業後に質問をして解決する様にしています。
入学時の目標は、ひとりでも多くの女性の健康と美容を鍼灸によってサポートすることができる鍼灸師になりたいと想い描いていました。将来の目標は、今よりも多くの人に鍼灸の素晴らしさを広め、女性鍼灸師として女性の心と身体の不調のケアとサポートをしていきたいです。

大田 実穂

夜間部 3年生齋藤 志織さん

voice

優しく親身な先生ばかり。何でも相談できます。
「鍼が痛いのは技術の問題。痛かったら患者さんは来ないよ」という先生の一言が印象的で、技術力を磨くため毎日努力しています。先生には授業内の疑問は何でも聞けて、それ以外の相談もできるので安心。将来は美容鍼灸など幅広い治療ができる鍼灸師になりたいです。

黛 隆文

夜間部 3年生丹波 正志さん

voice

技術向上と経験を積むため夜間部に入学を決めました。 合格率の高さと、昼は接骨院で働き柔道整復師としての技術を上げ、臨床経験を積みたいと考えから、夜間部への入学を決めました。授業は分かりやすく、先生方はとても熱心に指導してくれるので、入学して良かったと思います。独立開業目指して頑張ります。

板橋 和憲

昼間部 3年生伊藤 暢祐さん

voice

学費の安さと奨学金制度のおかげで集中して学べます。
入学の決め手は低学費と少人数制授業です。私は柔道整復師の資格を取得しましたが、まだ学び足りないと感じていました。 そんなとき東洋医学の奥深さに魅かれ、鍼灸の資格を取りたいと考えました。 柔整学校の学費に続き、さらに学費がかかることは負担ではありますが、都内1の低学費に加え、 有資格者奨学生制度があるので学びに集中できます。