在校生・卒業生紹介

在校生からのメッセージ

大林 沙織

8期生 昼間部 3年生大林 沙織さん

voice

エステティシャンとして働いていますが、お客様の不調や痛みの相談を受けた時に、エステだけでは改善が難しいと感じていました。
そんな時、同僚の鍼灸師の治療の効果に感動し、鍼灸治療で婦人科疾患の方の悩みを少しでも改善できるのではないかと思うようになりました。
本校は少人数制で細かい指導が受けられ、短時間で集中的に学べるのが魅力です。
鍼灸は古くからある伝統的な技術。そうした技術を現代に発展させた美容鍼灸。それを授業内で学べることが本校を選んだ決め手です。
肌のハリやリフトアップなどはもちろんですが、はり施術を行うことによるバストアップ効果など、美容鍼灸の可能性をいろいろと試していきたいです。
鍼灸師の資格取得後は、不妊治療や婦人科疾患に悩む方や、働く女性の力になりたいと考えています。

石井 希代子

8期生 夜間部 3年生石井 希代子さん

voice

前職が不規則な生活だったため、健康のため運動したり整体を受けたりしましたが、一時的な効果しか感じられませんでした。もっと自分の体と向き合えるものをと探した時に鍼灸の「自然治癒力」という言葉と東洋医学の考え方に共感を覚えました。
本校を選んだのは、説明会の際に在校生が活き活きと学校生活を話してくれたのが決め手になりました。昼間は事務の仕事をしているため、夜間部を選びました。両立するためにも空いた時間を有効活用するように心がけています。
入学してみて、疑問や質問に親身に対応してくださる先生が多く、生徒との距離が近いため相談しやすく、この学校を選んでよかったと思っています。
熱心な先生が多く、少人数制なので実技もしっかり教えてもらえます。授業でわからなかったことは授業後に質問をして解決する様にしています。
入学時の目標は、ひとりでも多くの女性の健康と美容を鍼灸によってサポートすることができる鍼灸師になりたいと想い描いていました。将来の目標は、今よりも多くの人に鍼灸の素晴らしさを広め、女性鍼灸師として女性の心と身体の不調のケアとサポートをしていきたいです。

三浦 郁恵

9期生 夜間部2年生三浦 郁恵さん

voice

父が指圧師として自宅で開業しており、父の働く姿を見たり、仕事の話を聞いてきました。
他人を治療することの喜びや東洋医学の奥深さには関心を持っていました。自分で鍼灸師としてやってみたいと思うようになり、 数校を比較しましたが、先生と学生との距離感や学校の雰囲気の良さでお茶の水はりきゅう専門学校を選びました。
1年次の授業は東洋医学、鍼と灸の基礎について、2年次は1年生で学んだ内容の応用について学び、実技についても本格的に始まりました。
日々の勉強はハードですが、クラスで勉強法などについて情報交換ができるし、とても楽しいです。卒業後は実家で美容鍼灸を中心とした 開業を目指しています。

菅原 亜希恵さん

10期生 夜間部1年生菅原 亜希恵さん

voice

肩こり・腰痛を鍼治療で克服できた体験から、同様の症状の患者様を助けたいと思い、鍼灸師を目指しています。
お茶の水はりきゅう専門学校は美容鍼灸・アロマセラピー・フェイシャルエステティシャンが学べる点に魅力を感じ、入学しました。
解剖学・生理学など国家試験でも中心となる基本的な科目や、基礎はりきゅう実技など楽しく学んでいます。今は患者様に痛みを与えない様な鍼の打ち方を自分の足で何度も何度も練習しています。
自分の周りの人の体調について、東洋医学的にこんな症状だと理解できる様になり、学んでいることの成果を感じています。骨や筋肉の細部の名称や特性について覚えることは大変ですが、とても役立っています。
将来は美容鍼灸サロンを開業し、鍼灸の効果をもっともっと拡げていけたらと考えています。

藤浪 巧

10期生 夜間部1年生藤波 巧さん

voice

鍼灸師に興味を持ったのは、高校野球の選手時代の友人のケガがきっかけです。
お茶の水はりきゅう専門学校へは、教育カリキュラムに魅力を感じて、入学を決めました。
昼間に仕事をしながら、夜間部に通学していますが、有資格者支援制度を活用して学費の 減免を受けられたのも魅力でした。
授業では特に「実技」関連に熱心に取り組んでいます。将来の患者様に対して、施術時に 不安を抱かせない様に信頼してもらえる様に懸命に努力しています。
自分が今までできなかったことができるようになった時に、やりがいや面白みを感じます。今の大変さや苦労は将来のためになることなので頑張っていけます。
「柔道整復師」と「鍼灸師」の資格を得られれば、一つの病気または一つのケガに対して「西洋医学」と「東洋医学」二つの観点からアプローチできるような治療家になりたいと考えています。
もちろん「高校野球」に対する恩返しとして、高校球児のケガの痛みをできるだけ早く取り除ける様に頑張りたいと思います。

宮田 光芽さん

10期生 昼間部1年生宮田 光芽さん

voice

中学生のころ、部活でけがをした時に鍼灸師の方に治療してもらったのがきっかけです。
身体面だけでなく、精神面でも支えていただき感謝しています。その鍼灸師の先生に憧れを感じ、今度は自分で治療する立場になり、患者様を支えていこうと頑張っています。
授業時間帯が13:30~16:40なので、午前中と夕方に治療院で働くことができます。一日を充実して過ごすことができます。自分で学費を稼いでいますので、授業料が安いのも魅力です。
授業では人体について、骨、筋肉、経絡経穴や身体中のしくみなど、細かく学んでいます。
学んでいることを生かしながら治療院で働き、頑張っています。
鍼灸実技の中で最初はできなかったことや苦手だったことができるようになり、実際に 体に効果が表れた時にやりがいを感じます。人体にはそれぞれの特質があり、それを学ぶ ことは大変面白く、楽しい反面、覚えなければならないことの量が多く大変です。
現在働いている治療院で沢山のことを学び、経験を積んだ後、独立開業を目指しています。
自分で学んだことや技術を継承したいので、将来的には次世代の治療家を育てたいです。

舘林 周平さん

10期生 昼間部1年生舘林 周平さん

voice

陸上競技をやってきて、けがをした時に治療院で怪我が良くなり、色々な病気の治療にも 貢献できるので、鍼灸師に興味を持ちました。
授業時間帯が午後からと通学しやすく、説明会に参加し学校の雰囲気も自分に合っていたので入学を決めました。
解剖学では人体の構成について学んでいます。骨や筋肉について様々なことを覚えなければならないので苦労しています。生理学では神経などの働きについて楽しく学んでいます。
特にツボを覚えることを頑張っています。ツボは約360種類あるので、一つひとつ覚えるのはとても大変です。
はり実技の時に人の体を触って、身体のつくりが理解できた時は学んだ甲斐があると痛感します。解剖学、生理学、東洋医学の科目など、とにかく覚えることの量が多く大変苦労しています。
治療院での経験を積み、将来は独立開業し、患者様の苦痛を取り除いてあげたいです。

山田 小枝子さん

10期生 夜間部1年生山田 小枝子さん

voice

エステやリラクゼーションの業界で仕事をしていく中で、お客様の悩みを更に改善できる施術者になりたいと思い、鍼灸師を目指しました。
美容鍼灸の技術を身につけたいと思い、本校に入学をしました。
西洋医学と東洋医学の両方の観点から、身体のしくみなどを学んでいます。実技では鍼灸の基礎を学んでいますがとても難しいです。
クラスで仲間たちと助け合って、知識習得と技術の向上に頑張っております。
覚える知識量が多く大変ですが、クラスの仲間から学ぶ点もたくさんあって、とても楽しいです。
将来は美と健康にかかわれる仕事をやってみたいと思います。具体的には、これから学びながら考えたいと思います。

内田 俊輝さん

10期生 夜間部1年生内田 俊輝さん

voice

柔整師だけではなく治療の幅を広げたいと思い、鍼灸師を目指しています。 
従来の鍼灸の技術だけでなく、美容鍼灸という分野での知識と技術を身につけたく、お茶の水はりきゅう専門学校に入学しました。
柔道整復の分野では西洋医学を中心として学びました。鍼灸では人体全体の調和を中心に東洋医学の奥深さを学んでいます。それぞれの相違する点を感じながら、興味深く取り組んでいます。
鍼と灸の実技については、技術的に難しく苦戦しています。先生方には授業時間外にも指導していただいています。クラスメイトとも協力しながら勉強しています。
明確な目標を持ち、それに向かって着実に達成していけることにやりがいを感じています。
努力し続けることは簡単ではありませんが、患者様に信頼してもらえる鍼灸師になりたいと考えています。そのためにも一日一日を大切に努力していきたいと思います。