在校生・卒業生紹介

在校生からのメッセージ

大林 沙織

8期生 昼間部 3年生大林 沙織さん

voice

エステティシャンとして働いていますが、お客様の不調や痛みの相談を受けた時に、エステだけでは改善が難しいと感じていました。
そんな時、同僚の鍼灸師の治療の効果に感動し、鍼灸治療で婦人科疾患の方の悩みを少しでも改善できるのではないかと思うようになりました。
本校は少人数制で細かい指導が受けられ、短時間で集中的に学べるのが魅力です。
鍼灸は古くからある伝統的な技術。そうした技術を現代に発展させた美容鍼灸。それを授業内で学べることが本校を選んだ決め手です。
肌のハリやリフトアップなどはもちろんですが、はり施術を行うことによるバストアップ効果など、美容鍼灸の可能性をいろいろと試していきたいです。
鍼灸師の資格取得後は、不妊治療や婦人科疾患に悩む方や、働く女性の力になりたいと考えています。

石井 希代子

8期生 夜間部 3年生石井 希代子さん

voice

前職が不規則な生活だったため、健康のため運動したり整体を受けたりしましたが、一時的な効果しか感じられませんでした。もっと自分の体と向き合えるものをと探した時に鍼灸の「自然治癒力」という言葉と東洋医学の考え方に共感を覚えました。
本校を選んだのは、説明会の際に在校生が活き活きと学校生活を話してくれたのが決め手になりました。昼間は事務の仕事をしているため、夜間部を選びました。両立するためにも空いた時間を有効活用するように心がけています。
入学してみて、疑問や質問に親身に対応してくださる先生が多く、生徒との距離が近いため相談しやすく、この学校を選んでよかったと思っています。
熱心な先生が多く、少人数制なので実技もしっかり教えてもらえます。授業でわからなかったことは授業後に質問をして解決する様にしています。
入学時の目標は、ひとりでも多くの女性の健康と美容を鍼灸によってサポートすることができる鍼灸師になりたいと想い描いていました。将来の目標は、今よりも多くの人に鍼灸の素晴らしさを広め、女性鍼灸師として女性の心と身体の不調のケアとサポートをしていきたいです。

奥村 翔太

9期生 昼間部2年生奥村 翔太さん

voice

エステティシャンとして働いていた頃、お客様は美容面だけでなく、より専門性の高いアドバイスを期待されていたため、ぜひ応えたいと思い、鍼灸師に興味を持ちました。初めて体験した美容鍼の効果に驚き、この技術をどうしても身に付けたくて本校に入学。学んでいくうちに、悩みの本当の原因が四肢や体幹にあれば全身治療を含めたアプローチができることが分かりました。
本校は附帯教育も充実しているので、自分の目標に合わせてプラスαを学べるのも魅力です。

三浦 郁恵

9期生 夜間部2年生三浦 郁恵さん

voice

父が指圧師として自宅で開業しており、父の働く姿を見たり、仕事の話を聞いてきました。
他人を治療することの喜びや東洋医学の奥深さには関心を持っていました。自分で鍼灸師としてやってみたいと思うようになり、 数校を比較しましたが、先生と学生との距離感や学校の雰囲気の良さでお茶の水はりきゅう専門学校を選びました。
1年次の授業は東洋医学、鍼と灸の基礎について、2年次は1年生で学んだ内容の応用について学び、実技についても本格的に始まりました。
日々の勉強はハードですが、クラスで勉強法などについて情報交換ができるし、とても楽しいです。卒業後は実家で美容鍼灸を中心とした 開業を目指しています。