資格取得

登録販売者 取得コース

漢方薬に精通した鍼灸師の育成
登録販売者取得コース

東洋医学の本場中国では、鍼灸治療と漢方治療を組み合わせた治療が日常的に行われており、相乗効果により高い治療効果が得られています。しかし、現在日本においては鍼灸師と漢方を取り扱うことができる資格(薬剤師や登録販売者など)が別々に存在しており、別々に治療が行われているのが一般的です。

そこで本校では姉妹校である日本薬科大学(お茶の水キャンパス)と連携し、登録販売者の資格取得を目指したコースを用意いたしました。本コースを通じて登録販売者の資格を取得することで、鍼灸治療に加え漢方薬(エキス製剤など)の提案や販売などができるようになり、治療の幅を大きく広げ、高い治療効果を得られることが期待できます。 以下、本コースの概要についてご説明いたします。

漢方薬に精通した鍼灸師で広がる治療の幅 ※別途教材費が5千円程度かかります。