学校案内

ご挨拶

技と心を併せ持つ未来の鍼灸師へ

学校長挨拶

学科長 雨谷 栄

 

ttl

 

本校の教育理念は「優れた技術と、人を助けたいという惻隠の心(思いやりの心)を併せ持ち、さらに東洋医学全般の幅広い知識を身に着けた質の高い鍼灸師を養成すること」です。また、知識や技術の習得だけではなく、人間教育にも力を入れています。鍼灸治療院での臨床実習を重視し、患者さんとの触れ合う機会を豊富に設けているのも、「患者さんの痛みがわかる鍼灸師」になって欲しいとの願いからです。
患者さんの役に立ちたいという初心を貫き、頑張ってください。私たちは3年後必ず、理想に燃えたプロとして、あなたを現場に送り出します。

 

 

- 建学の精神 -

 

本校は学園の建学の精神「個性の進展による人生練磨」基本理念としています。人には誰でもその人でなくてはならない優れた個性があります。その一人一人の個性を育みながら広い知識と深い専門性を伸ばし、広く社会が必要とする優れた人材を養成し、世の中に送り出す使命があります。この理念を実現すべく本校は「独創性、想像力を育み、鍼灸という専門性に集中、特化する教育を基本とし、患者にぬくもりや優しさを提供し、共に生きていこうとする全人的医療を深く理解し、鍼灸の専門職を「天職」として生涯を通して活躍できる人材の育成を目指しています。

 

 

 

- 教育目標 -

 

東洋医学、鍼灸に関する基本的な知識・技能はもとより、医療全般に関する広範な知識を融合することにより、広く人類の福祉・健康に貢献できる創造性にあふれた医療人、さらに惻隠の心をもつ医療人の育成を目標とする。

 

① 入学者受け入れの方針 (アドミッションポリシー)

本校は、建学の精神「個性の進展による人生練磨」を基本理念とし、医療専門課程はり師きゅう師学科の教育目標を達成するために、以下の資質を持つ者を受け入れる。

高等学校の教育課程を幅広く習得し、あるいは社会人として身の回りの問題について知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、自分なりの結論を導き、説明することができる。

鍼灸師となって、社会に貢献したいという明確な目的意識と意欲がある。

 

② 教育課程編成・実施の方針 (カリキュラムポリシー)

本校は、建学の精神「個性の進展による人生練磨」を基本理念とし、医療専門課程はり師きゅう師学科の教育目標を達成するために、以下の方針に基づいて3年間の教育課程を編成し、教育を実践します。

教育課程は、低学年の鍼灸導入教育科目、基礎鍼灸教育科目から高学年の鍼灸の臨床教育科目へ体系的に順次性をもって学習できるように編成する。

見識ある人間としての基礎を築き、医療人として必要な人間性や知性を養うために、1年時に教養科目を置き広く選択できるようにする。

高学年では、専門性を深めるために、鍼灸理論と結びついた臨床実習に重点を置いたカリキュラムを作成する。

成績評価は、科目の特性に応じて適切かつ多様な評価方法と基準を設ける。

 

③ 卒業認定・専門士授与の方針 (デイプロマポリシー)

本校は、建学の精神「個性の進展による人生練磨」を基本理念とし、3年間の教育課程(医療専門課程はり師きゅう師学科)を修了して所定の単位を修得することにより、以下の力を身に着けた生徒に対して専門士(医療専門課程)を授与します。

知識:鍼灸に関する基礎及び専門的知識に加え、生活習慣病の治療と予防、健康維持・増進などのトータルケアに関する知識を習得している。

技能:医療の現状に理解を深め、社会や他者と適切なコミュニケーションを図りながら鍼灸の専門家として医療に積極的に参画できる実践的能力を習得している。

態度:患者や生活者の立場に立って、豊かな人間性と生命の尊厳について深い認識を持ち、自ら考え、医療人として責任を持った行動をとることができる。

問題発見・解決力:鍼灸の専門家として、教育・研究を遂行する意欲と態度をもって自己研鑽に励み、思考力、判断力、表現力を身に着けて、問題を解決することができる。