MENU HOME
閉じる

万全の鍼灸師国家試験対策

2020年度鍼灸師国家試験合格率

はり師81.5%
全国平均70%
きゅう師88.9%
全国平均72.2%

万全のサポート体制で、鍼灸師国家試験合格率100%を目指す!

本校は開校以来全国屈指の高い鍼灸師国家試験合格率を誇り、一度も全国平均を下回ったことがありません。これは、目標に向かって努力を積み重ねる学生と、選び抜かれた本校自慢の講師陣による質の高い講義及び充実した時間外サポートの結晶と言えます。

また、本校オリジナルの授業内容を通じて、着実に学力を身に付けていきます。学生一人一人の状況に合わせたサポート体制を用意し、学生と教職員が一丸となって鍼灸師国家試験合格を目指して取り組んでいます。

充実の補講・補習制度

本校では、2年生と3年生のオリエンテーション時に、それぞれ1年生と2年生時に学んだ授業科目の習熟度を確認するため実力試験を行います。実力試験では、科目別の習熟度が表として把握できるため、習熟度が不十分な科目が一目で分かります。到達目標に達していない場合は、徹底的に補習を行います。それにより、2年生の時点から鍼灸師国家試験合格への道筋を付けていきます。

初学者でも安心な授業

本校は社会人の入学者が非常に多いのが特長ですが、その中でも文系出身者が多くなっております。そのような方々は、どうしても理系の勉強にストレスを感じてしまいます。

そこで、本校では授業の中で模型を使った授業を行い、初めて医療系の授業を受ける方にも、わかりやすく理解しやすい授業を行っています。授業資料についても、担当教員が独自に作成しており、復習もしやすく安心です。

入学時から、このような形式で授業を行っていることが、毎年全国屈指の高い鍼灸師国家試験合格率を維持している1つの要因だと思っております。

鍼灸師国家試験問題出題基準

毎年2月の最終日曜日に実施されている鍼灸師国家試験問題の出題基準について説明します。鍼灸師国家試験は筆記試験のみで実施され、択一問題(マークシート・四択)で問題数は180問となっています。

鍼灸師国家試験問題の内容については、専門基礎科目及び専門科目に区分されています。

専門基礎科目については、医療概論、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学及び総合問題の中から90問出題されます。

専門科目については、東洋医学概論、経絡経穴概論、はり理論、きゅう理論、東洋医学臨床論及び総合問題の中から90問出題されます。

本校の授業科目で説明すると、専門基礎分野及び専門分野の中から出題されることになります。

鍼灸師国家試験合格発表までの流れ

鍼灸師国家試験の施行告示
(9月上旬)
鍼灸師国家試験受験願書提出
(12月中旬)
鍼灸師国家試験実施
(2月最終日曜日)
午前試験時間(  9:00~11:10)
午後試験時間(13:25~15:35)
鍼灸師国家試験合格発表
(3月下旬)

鍼灸師国家試験過去問題紹介

【第28回問題30】(正解:3)

嚥下について正しいのはどれか。

  1. 嚥下中枢は脊髄にある。
  2. 口腔相では舌を使って食塊を喉頭に送る。
  3. 咽頭相では咽頭から鼻腔への出口は閉鎖される。
  4. 食道相では随意運動によって食塊が輸送される。
【第28回問題117】(正解:4)

頑固な腰痛に対する治療で、腰部に鍼を2本使用して行うのはどれか。

  1. 偶刺
  2. 斉刺
  3. 揚刺
  4. 傍鍼刺
お茶の水はりきゅう専門学校は
みなさんにとって安心・信頼できて
メリットがある学校です!