在校生・卒業生紹介

在校生からのメッセージ

鈴木 公典

12期生 昼間部鈴木 公典さん

voice

 治療家の父の影響を受け、医療系の資格を調べたところ、最も惹かれたのが鍼灸でした。お世話になった鍼灸師の先生に相談したところ「これからは男性でも美容鍼灸はできたほうが良い」というアドバイスをいただき、お茶の水はりきゅう専門学校への入学を決めました。入学して良かったと思う点は学びに集中できる環境が整っているところです。実技では2人の先生から指導を受けることができ、質問にも細かく対応してくれます。学校で多くの知識を吸収し、鍼灸師として開業できるよう頑張りたいです。

山口 恭子

12期生 昼間部山口 恭子さん

voice

 以前の職場では人事の仕事をしていました。仕事で様々な事情を抱えた方の話を聞くうちに心だけではなく身体も癒してあげることができたらという思いから鍼灸治療に興味を持ちました。
 お茶の水はりきゅう専門学校は美容鍼灸だけではなく、婦人科系疾患への鍼灸治療、小児鍼など私にとって魅力的な授業が多く、子育てをしながらでも通学しやすい時間帯というのもあり入学を決めました。
 クラスメイトや先生方にも恵まれ、この学校に入学して本当に良かったと思っています。
 将来は心身ともに癒すことができる鍼灸師になりたいです。

神田 歩乃伽さん

11期生 昼間部神田 歩乃伽さん

voice

 体験入学に参加した際の先生・先輩の温かい人柄に惹かれ本校への入学を決めました。
 実技の授業は先生方の臨床経験を取り入れながら講義してくださるので、とても楽しいです。早く臨床の現場に立ち多くの人を治療し、癒せるようになるため授業前にクラスメイトと実技練習をしています。

林 謙太郎さん

11期生 夜間部林 謙太郎さん

voice

 ヨガのインストラクターとして働く中で、身体についてもっと知識を深めたいと思い、働きながら学べる本校へ入学を決めました。クラスメイトも働きながら通学という限られた時間で学校生活を送っています。だからこそみんなで協力しながら、国家試験合格に向け頑張りたいと思っています。