MENU HOME
閉じる

将来性がある鍼灸師(はり師きゅう師)資格

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)とは

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)とは、「はり師」「きゅう師」両方の国家資格を取得した人がなれる職種であり、鍼や灸を用いて全身にあるツボに刺激を与えて治療を行います。よって、鍼灸師という資格はなく「はり師」「きゅう師」両方の国家資格を取得している人のことを鍼灸師と呼んでいます。はり師の国家資格とは、症状に合わせて適切なツボに鍼を刺し刺激を与えて治療を行う仕事です。きゅう師の国家資格とは、もぐさを燃やしツボを刺激することで治療を行う仕事です。「はり師」「きゅう師」共にツボを刺激する等の共通した技術が多いことから、両方の資格を取得して働く人がほとんどです。将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)とは、厚生労働省が認定した鍼灸師(はり師きゅう師)専門学校で必要な授業を全て修了した上で、鍼灸師(はり師きゅう師)国家試験に合格することで資格を取得することができます。

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)の仕事内容

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)は、鍼と灸を用いた施術を行い、体の不調の予防や改善を目指すことが主な仕事内容です。鍼や灸を用いた施術は東洋医学に基づくもので、人間が本来持っている自然治癒力を高める効果があります。
副作用が少ないため、乳幼児、高齢者及び妊婦の方も施術を受けることが可能です。将来性がある鍼灸師(はり師きゅう師)が行う鍼灸治療では、肩こりや神経痛を和らげたり、自律神経やホルモンバランスを調整したり等、あらゆる症状に効果が期待できます。鍼灸治療は、免疫力や回復力等の自然治癒力を高め、身体の不調や病気等を防ぐことを目的としています。これは、不調そのものの原因や症状を取り除くだけでなく、病気の予防や健康の増進にも役立ちます。また、原因の特定できない身体のだるさや慢性的な生活習慣病等に対しての効果が望めることもメリットの一つとなっています。免疫力や回復力を高めることができる鍼灸治療は、体の健康を維持する予防医学としての役割を果たすこともできます。

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)の就職先

分野 種別
医療 病院、クリニック、助産院
鍼灸院 独立開業、治療院、訪問
福祉 リハビリテーションセンター、保健施設、介護施設
美容 リラクゼーションサロン、美容鍼灸院
スポーツ 企業チーム、スポーツ関連施設
進学 大学院、海外留学
教育 鍼灸教育機関、医療系研究施設
研究

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)の年収

1年目の年収
350万円

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)就職1年目の年収は、病院や施設によっても異なりますが、約350万円という状況になっております。他の仕事と比べても、就職1年目の年収としては良いほうの状況ではないでしょうか?このように、鍼灸師(はり師きゅう師)は収入面でも安心な状況です。次に、将来性がある鍼灸師(はり師きゅう師)の求人票をご紹介します。ただし、施設により求人票の内容は異なる状況ですので、参考としてご覧ください。ぜひ、現在の勤務状況と比べてみてください。

月額給与 210,000円(経験年数加算あり)
(内訳)基本給:190,000円
    資格手当:20,000円
諸手当 住宅手当:上限20,000円/月
通勤手当:上限50,000円/月
扶養手当他
昇給 年1回
賞与 年2回
保険等 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
定年制 有(正規職員65歳定年)
勤務時間 8:30~17:30
休日 4週8休+祝日
休暇 有給休暇10日(勤務6か月後に付与)
福利厚生 退職金制度・ユニフォーム貸与他

独立開業できる将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)

将来性がある鍼灸師(はり師きゅう師)は、独立開業できる資格です。はり師ときゅう師の資格の他にあん摩マッサージ指圧師の資格も取得し、複合的な施術を行えるようにされている方も多くいます。鍼灸師(はり師きゅう師)の独立開業資金の目安は、約500万円から1,000万円程度となります。施術所を持たずに訪問施術等で仕事を行う場合には、物件取得費を抑えることが出来ます。近年では、鍼灸師(はり師きゅう師)としての知識を基に美容と結びつけた形の施術所を独立開業されるケースも増えています。

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)を取得するには

将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)を取得するには、鍼灸師(はり師きゅう師)国家試験に合格しなければなりません。その鍼灸師(はり師きゅう師)国家試験を受験するには、鍼灸師(はり師きゅう師)専門学校を卒業する必要があります。高校卒業後、鍼灸師(はり師きゅう師)専門学校で3年以上在学し、一般教養が中心の基礎分野の授業科目、身体の仕組みが中心の専門基礎分野の授業科目及び鍼灸師(はり師きゅう師)の知識や技術が中心の専門分野の授業科目を習得していきます。なお、将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)を取得するには、鍼灸師(はり師きゅう師)専門学校の学内授業以外に、鍼灸師(はり師きゅう師)が働いている鍼灸治療院等において、実際に鍼灸師(はり師きゅう師)から指導してもらう臨床実習を4週間以上実施することも必要となります。このように、将来性がある鍼灸師資格(はり師きゅう師資格)を取得するには、多くの知識や技術を勉強しなければなりません。

高等学校を卒業
鍼灸師(はり師きゅう師)専門学校に入学
鍼灸師(はり師きゅう師)専門学校を卒業
鍼灸師(はり師きゅう師)国家試験合格
鍼灸師(はり師きゅう師)
みなさんに必要なことは
1歩踏み出す決断力!