MENU HOME
閉じる

美容師からの転職者インタビュー

なぜ美容師から転職して鍼灸師(はり師きゅう師)になろうと?

青柳さん

私は鍼灸師に転職する前は美容師をしていて、お客様の髪の悩み以外にも、顔や体の悩みなどを聞くことが多くありました。それから、少しでもお客様の役に立ちたいと思い色々と調べていく中で、鍼灸治療の効果を知りました。その鍼灸治療について日に日に興味を持ち始め、時間があれば鍼灸治療のことを勉強するようになりました。そして、お客様の悩みの多くは美容鍼灸で治療すれば改善できるのではないかと思いました。そのようなことがきっかけとなり、美容師から転職して鍼灸師の資格を取得することにしました。美容鍼灸であれば、転職前の美容師のノウハウを活かすことができると思うし、仕事の幅も広がるので、ダブルライセンスは自分にとっても効果があると思いました。転職して目指す鍼灸師については、まだまだ勉強することがたくさんあるので、日々しっかり頑張っていきたいと思います。その鍼灸師の勉強をしながら、美容師の資格をどのように活かすことができるのかについても、しっかり理解していきたいと思います。そして、美容師から鍼灸師に転職してよかったと思えるようにしたいし、美容師と鍼灸師の2つの資格を持つ凄さやすばらしさを世の中の人々に発信していければと思ってます。また、転職前の美容師として、転職後の鍼灸師として、無限に広がる可能性が今から楽しみです。