MENU HOME
閉じる

ブライダルからの転職者インタビュー

なぜブライダルから転職して鍼灸師(はり師きゅう師)になろうと?

安東さん

私は学校に入学する前は、ブライダルの仕事をしていました。ブライダルの仕事は、労働時間が不規則なことが多く、疲労やストレスによる蕁麻疹に悩んだ時期もありました。このようなブライダルの仕事状況では、自分の体が保たないと思うようになり、ブライダルからの転職を考えるようになりました。その結果、何か国家資格を取得し手に職をつけて一生できる仕事に転職したいと思いました。家族にも、ブライダルからの転職を相談しましたが、もともと家族が医療従事者ということもあり、医療関係の仕事への転職を勧められました。それから、いろいろと調べていく中で「鍼灸師」という仕事に出会いました。実際に、鍼灸師の治療を受けたことが自分自身なかったので、まず治療を受けに行きました。最初は怖さもありましたが、痛みはほとんどなくリラックスして受けられ、鍼を刺すだけでこんなに体がラクになることにビックリしました。それから、ブライダルから転職するために、自分でも鍼灸師の仕事内容について、詳しく調べていきました。鍼灸師の仕事内容は体の治療はもちろんのこと、美容鍼灸や不妊治療など幅広い分野で治療を行っているため、無限の可能性を感じました。また、鍼灸師の国家資格取得後は治療院に勤務するのもよいですが、鍼灸師は独立開業権があり自分でサロンなどを開業することができるので、自分のライフスタイルに合わせて働けることも、とても魅力的でした。ブライダルから転職して鍼灸師の国家資格を取得した後は、自分の体を大切にしながら鍼灸師の仕事を続け、地元で治療院を開業したいと考えています。ストレス社会と言われる中で、少しでも癒しを提供することができ、「この治療は、この先生だよね」と沢山の患者様に必要とされる鍼灸師になりたいのと同時に、ブライダルから転職してよかったと思えるように頑張ります。